台湾の雑貨・小吃・スイーツ・旅行・etc
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Kani
 
[スポンサー広告
テレビ番組の胡椒餅にうっとり。
先週金曜日(2月23日)放送のよゐこ部(MBS系)は台湾編で、しかも食物部!
しかしその頃風邪で打ち臥していたので、録画しておいたのをさっき見たら、なかなか面白かった。
台湾你好ノートの著者・青木由香さんが通訳として登場されていました。

永康街にかなり時間が割かれていたのを見ていて。
やっぱり噂に聞くとおり、冰館の前がちらっと映ったのを見たけど休業中のようですな。台湾観光・台湾マンゴーブームの火付け役として、日本から多くの観光客を惹き付け、芒果冰の聖地として、大きな役割を果たしたお店だけに、姿を消すのは惜しいですね。何らか次なる展開があるといいのですな。

小籠包やら胡椒餅やら炒飯やら、32型大画面液晶テレビで見ると実にうまそうでした。
来週は後編の士林夜市編が見られるみたいで、すでに録画予約済み。
嗚呼台湾帰りたい~。
スポンサーサイト
Posted by Kani
comment:2   trackback:0
[ひとりごと
武・鼎越豊越南麺食館@台北 市政府站
トマト海鮮麺

お店

MRT市政府站周辺といえば、台北101、誠品書店のビルや、意味があるのか?三越がたくさん、など、都会的なイメージが強いのですが、ちょっと違う方向に歩いてみると、ローカルなお店がたくさんある路地がありました。
その路地にすぐそばに2つも店を出している、「鼎越豊越南麺食館」へ行きました。
Hereの別冊グルメ特集号(余談:Here、春に休刊してしまって残念無念。グルメネタは台北ウォーカーより好きだったのに)に掲載されていたお店で、酸辣海鮮河粉の写真がめっちゃ美味しそうだったのです。
が、結局お店に行って頼んだのは、「蟹肉茄汁米粉(カニトマトスープビーフン)」(値段失念・多分100元くらい)。カニのダシとトマトスープのマリアージュは、思いのほか旨く、いつまでもスープをすすり続けていました。ちなみに茶色い固まりは、豚の血の固めたヤツです。これも最初は苦手でしたが半年で当たり前のように食せるようになりましたなぁ。麺は細く柔らかいビーフンなので、スープをよく吸って美味しくいただきました。ボリュームも満点で、これ一杯で大満足です。
麺のほかにも、青パパイヤのサラダなど軽い一品ものも数種あり、複数名で来たとき楽しみたいもの。

お店は小奇麗な食堂風で、女性ひとりのお客さんもよく見かけました。オーダーは、メニュー一覧複写式伝票に自分で記入するスタイル。

・・・あとで、よく見たら、↑のお店は雑誌に載っていたのと違う店だったらしい。
永吉街30巷の通りにはこちら、「武・鼎越豐」と、雑誌に載っていたほうの「鼎越豐」があるらしく、食べ比べをしている台湾ブロガーさんもいる様子。

私が行ったのはここらしい↓
武・鼎越豐越南麵食館
http://tw.lifestyle.yahoo.com/poi/?bizid=N99JYRS38517

雑誌に載ってたのはこの住所
鼎越豐越南麵食館
台北市永吉街30巷148弄5號

板南線市政府站下車 4番出口を出て、忠孝東路を東へ歩き、「永吉街30巷」の表示が見えたら左折。

ぐぐればぐぐるほどに、どれがなんなんやもうサッパリわかりまへん状態になってしもた。
味には大差あるのだろうか。でも結果美味しければよろし。
Posted by Kani
comment:0   trackback:0
[【台北 夜市・小吃】
福徳涼麺@台北大学近く
麺


福徳涼麺


6月の暑い日の話ゆえ、寒さ厳しい今日この頃向きの話題ではありませんが。
胡麻だれの涼麺が時々無性に恋しくなることがあります。「涼麺」と言いながらも、ぬる~く、麺には強いコシがあるというわけでもなく。

台湾の人のブログで話題になっていた涼麺のお店で、気になっていた台北大学のご近所にある「福徳涼麺」に行きました。実は昨年夏も一人旅の折、探して行ってみたのですが、重度の方向音痴ゆえに、たどり着くことが出来ませんでした(笑)今度は方位磁石も忘れず持って、どうにか店にたどり着けました。お店は屋台風で、ちょっと分かりづらいので、上の看板をよく見て歩きませう。



福徳涼麺 お店


タクシーの運ちゃんたちもよく食べに集うお店だとか。
ひっきりなしにテイクアウトのお客さんがやってきます。
頼んだのは「榨菜肉絲涼麺」小45元。
ザーサイとお肉の細切り、きゅうりの千切りの乗った食べ応えのあるもの。
これが旨かった~。コクのあるタレが最高~。
ザーサイの歯ごたえが良ろし。お肉もゴマだれと合わせるとまた旨みが増して。
麺は想像通りのくにゃっとソフトで頼りなげな麺ですが(笑)

涼麺屋さんの定番、味噌汁風スープも各種ありました。
地下鉄の駅からはどこからも近くなくてちょっと不便なところですが、
涼麺が食べたくなったらここを思い出すことにします。

福涼麵
台北市興安街76號
Posted by Kani
comment:0   trackback:0
[【台北 夜市・小吃】
ホテル エイトゾーン 八方美學商旅@台北 忠孝新生
日本へ一時帰国してまた戻った時、姉と一緒に台北で遊んだ際、
そのとき、泊まったのがこちら。

立地は、MRT善導寺と忠孝新生の間らへん。どちらかというと忠孝新生寄り。
駅からは徒歩5分くらいですが、忠孝新生駅のエスカレーターを上った周辺には、コンビニ、ドラッグストアや鬚張魯肉飯、最近どこんでもあるなぁ~な鮮芋仙などがあるので、ホテルに帰る前にはここらで買出ししとくと便利です。

タクシーの運転手さんにホテル名を中文で伝えても、見せても、知らんって言われたので、中国語で書かれた住所を見せるのが確実です。
フロントのスタッフは若者揃いで、みんなオシャレ系です。
まだ新しいホテルのようですが、建物自体は元からあったものをリノベーションしている様子。ドアの作りが何気にもっさかった。
お部屋はこんな感じでおま。(エグゼクティブ・デラックス)

長ったらしいので続きは右下のmore・・・をクリックしてください

 more...

Posted by Kani
comment:0   trackback:0
[【台北 ホテル宿泊感想文】
【新刊】台北安くておいしい136店

台北安くておいしい136店


台北ウォーカー編集部による、グルメガイド。
日本のガイドブックに登場しなかったお店なども多数取り上げられており、
リピーターさんにぴったり。これを台北旅行に持って行けば食べ物に困らなさそう。
前頁カラーで大きく写真が載っていて、食欲そそられます!
お手頃価格の小吃から台湾料理店、火鍋、夜市、牛肉麺などなど
一人旅にもグループ旅行にも対応。
特に火鍋のお店がたくさん載っていて、これからの季節には良いですね。
Posted by Kani
comment:0   trackback:0
[台湾本ライブラリ
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。