台湾の雑貨・小吃・スイーツ・旅行・etc
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Kani
 
[スポンサー広告
日本から持ってきた参考書
私は、「實用視聴華語」という、台湾師範大学が出版している
王道の教科書を使っているのですが、やっと2冊目があと数日で終了~。
これでもまだまだ初級レベルなのかと思うと、先は果てしない。

特に方向補語とかわけわからんで苦労しました。
が、なんとか、かんとか、100%理解できてはいないものの、どうにかクリア。
やっぱり日本から参考書を持ってきておいて良かったなーと思いました。
教科書はあくまで指導者あってのものゆえ、あまり詳しく書かれていないんですな。

で、私が選んだ参考書はコチラ。

Why?にこたえるはじめての中国語の文法書
Why?にこたえるはじめての中国語の文法書


表記は簡体字なのが、台湾で繁体字で学ぶ身にとってはちと辛く、
また、大きい本なので、重いし、持ってくるのはちょっとめんどくさいのですが、
これは分かりやすくて良かったです。

それよりも、教える側の先生方にも、この本がすごく評判なようで、
私が持っているのを見て、「売って!!!」と頼み込まれ、800元で売却成立(笑)

というわけで、先生のお墨付き。
帰りの荷物も少しだけ軽くなってラッキー☆
また日本に帰ったら買いなおします(笑)
スポンサーサイト
Posted by Kani
comment:0   trackback:0
[台湾で華語を学ぶ
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。