台湾の雑貨・小吃・スイーツ・旅行・etc
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Kani
 
[スポンサー広告
武・鼎越豊越南麺食館@台北 市政府站
トマト海鮮麺

お店

MRT市政府站周辺といえば、台北101、誠品書店のビルや、意味があるのか?三越がたくさん、など、都会的なイメージが強いのですが、ちょっと違う方向に歩いてみると、ローカルなお店がたくさんある路地がありました。
その路地にすぐそばに2つも店を出している、「鼎越豊越南麺食館」へ行きました。
Hereの別冊グルメ特集号(余談:Here、春に休刊してしまって残念無念。グルメネタは台北ウォーカーより好きだったのに)に掲載されていたお店で、酸辣海鮮河粉の写真がめっちゃ美味しそうだったのです。
が、結局お店に行って頼んだのは、「蟹肉茄汁米粉(カニトマトスープビーフン)」(値段失念・多分100元くらい)。カニのダシとトマトスープのマリアージュは、思いのほか旨く、いつまでもスープをすすり続けていました。ちなみに茶色い固まりは、豚の血の固めたヤツです。これも最初は苦手でしたが半年で当たり前のように食せるようになりましたなぁ。麺は細く柔らかいビーフンなので、スープをよく吸って美味しくいただきました。ボリュームも満点で、これ一杯で大満足です。
麺のほかにも、青パパイヤのサラダなど軽い一品ものも数種あり、複数名で来たとき楽しみたいもの。

お店は小奇麗な食堂風で、女性ひとりのお客さんもよく見かけました。オーダーは、メニュー一覧複写式伝票に自分で記入するスタイル。

・・・あとで、よく見たら、↑のお店は雑誌に載っていたのと違う店だったらしい。
永吉街30巷の通りにはこちら、「武・鼎越豐」と、雑誌に載っていたほうの「鼎越豐」があるらしく、食べ比べをしている台湾ブロガーさんもいる様子。

私が行ったのはここらしい↓
武・鼎越豐越南麵食館
http://tw.lifestyle.yahoo.com/poi/?bizid=N99JYRS38517

雑誌に載ってたのはこの住所
鼎越豐越南麵食館
台北市永吉街30巷148弄5號

板南線市政府站下車 4番出口を出て、忠孝東路を東へ歩き、「永吉街30巷」の表示が見えたら左折。

ぐぐればぐぐるほどに、どれがなんなんやもうサッパリわかりまへん状態になってしもた。
味には大差あるのだろうか。でも結果美味しければよろし。
スポンサーサイト
Posted by Kani
comment:0   trackback:0
[【台北 夜市・小吃】
福徳涼麺@台北大学近く
麺


福徳涼麺


6月の暑い日の話ゆえ、寒さ厳しい今日この頃向きの話題ではありませんが。
胡麻だれの涼麺が時々無性に恋しくなることがあります。「涼麺」と言いながらも、ぬる~く、麺には強いコシがあるというわけでもなく。

台湾の人のブログで話題になっていた涼麺のお店で、気になっていた台北大学のご近所にある「福徳涼麺」に行きました。実は昨年夏も一人旅の折、探して行ってみたのですが、重度の方向音痴ゆえに、たどり着くことが出来ませんでした(笑)今度は方位磁石も忘れず持って、どうにか店にたどり着けました。お店は屋台風で、ちょっと分かりづらいので、上の看板をよく見て歩きませう。



福徳涼麺 お店


タクシーの運ちゃんたちもよく食べに集うお店だとか。
ひっきりなしにテイクアウトのお客さんがやってきます。
頼んだのは「榨菜肉絲涼麺」小45元。
ザーサイとお肉の細切り、きゅうりの千切りの乗った食べ応えのあるもの。
これが旨かった~。コクのあるタレが最高~。
ザーサイの歯ごたえが良ろし。お肉もゴマだれと合わせるとまた旨みが増して。
麺は想像通りのくにゃっとソフトで頼りなげな麺ですが(笑)

涼麺屋さんの定番、味噌汁風スープも各種ありました。
地下鉄の駅からはどこからも近くなくてちょっと不便なところですが、
涼麺が食べたくなったらここを思い出すことにします。

福涼麵
台北市興安街76號
Posted by Kani
comment:0   trackback:0
[【台北 夜市・小吃】
佳興魚丸店@台北 ふわふわマシュマロ魚丸
迪化街・乾物ストリート周辺の路地裏のちょっと分かりづらい場所にある、
魚のつみれ団子スープの名店・佳興魚丸店。
この近辺には魚丸店は何軒かあり、朝食タイムに通りがかると、
結構どこもお客さんが入ってます。あっさりとしたスープは朝食にぴったり。

こちら、いもこ姐さんの行きつけ店で、一度行ってみようと思いつつも、
なかなか行けなかったのですが今回やっとたどり着けました!
臨江街夜市のはしっこのほうでも、支店を見かけましたし、公館にも支店があるようです。

jiaxin1.jpg
ふわふわマシュマロのごとしの魚丸。


jiaxin2.jpg
大釜に浮かぶ、出番待ちの魚丸たち


店内では、おばちゃんたちがせっせと魚丸づくりに精を出しているのを見ながらお食事。
一体一日にどんだけ作るのんでせう?
魚丸湯は45元。あっさりとしたセロリスープに、ぷかぷか浮かぶ魚丸と、
ひとつだけ色の違うつみれが1粒。
魚丸の中は豚肉の細切れ餡が入っていて、何よりもこの白い魚丸のふわっふわの
食感が楽しく、美味しい~。
台北に住んでたら、ここの魚丸を冷蔵庫に常備したい!
実は、練り物系はここ近年個人的に好きじゃなくなってきていたのですが、ここのは別格~。

jiaxin3.jpg
地元の主婦の方々が続々と買いに来る!


台北市延平北路二段210巷21號
参考ページ
Posted by Kani
comment:0   trackback:0
[【台北 夜市・小吃】
劉家肉粽@台北
chimaki.jpg


もうすぐ端午節ですね。
偶然にも台湾で端午節を2年連続迎えることとなりました。
端午節といえば、粽!
昨年、nikoさんと台北を旅行した時、粽食べたいと、端午節当日にお店に行ったら
しっかりシャッターが閉まっていた「劉家肉粽」の支店のことを思い出します。
その粽屋さんの石門というやや遠いところにある本店に行かれたnikoさんに
先日台北でお会いした際、ありがたくも、おすそわけいただきました。感謝。

宿舎でレンジでチンすると、宿舎中に粽の香りが立ち込めてしまいまして。
この鼻腔をくすぐる香りに皆、気づいてしまい、
「お昼、粽食べたでしょ?!」と何人に言われたことか。

竹の皮の香りと、干し海老の香り、贅沢で香ばしくて抱きしめたくなるほど!
具も大きくごろんと入っていて、栗、黄身、干ししいたけ、豚肉…
ごはんは当然もちもち、しっかりとコシがある北部タイプで、日本人好みの粽。
干し海老の出汁が効いていてこれは旨い!

実は「お姉さんの分」としていただいたもう1個が冷凍庫に秘蔵してあり、
これは端午節当日にいただく予定。姉の分も私がしっかりといただきます(笑)

※地下鉄淡水線芝山站からすぐ近くに支店があります
台北市文林路726號(月曜定休のようです)
Posted by Kani
comment:0   trackback:0
[【台北 夜市・小吃】
宜蘭葱餅@台北 たっぷりおねぎがとろとろ
宜蘭葱餅4
師大夜市の宜蘭葱餅やさん


いもこ先生にうかがって、是非食べてみたい、と思っていた小吃です。
レストランなどでは葱餅を食べたことがあったのですが、公館の有名な屋台の
分厚いタイプは食べたことが無かったので、どんな味なのか興味津々。

実は今回師大夜市に来たのは、許記の生煎包を食べようと思って来たのでしたが、
まだ時間が早かったため、開店前でした。
許記の数軒手前にあったのがこちら。
本当は公館の台湾大学そばのお店に行こうと思ってたけど、
公館なんちゃらって書いてあるから、支店?まぁ、ひとつ買ってみよう…。

宜蘭葱餅2


美しいうずまき。
たっぷりめの油でこんがりしっかり焼き上げられています。
美味しそうなキツネ色ですこと。

宜蘭葱餅3
焼き立てをいただきます!


宜蘭葱餅1


中には熱せられてとろとろジューシーになったおねぎがたっぷり!
皮はいもこ先生が仰られていたように、胡椒餅の生地によく似ており、
しっかり、もっちりタイプ。胡椒餅と異なり、へヴィーなお肉が入っていないので、
軽くいただけるのもよろし。
胡椒と葱の辛味がマッチして、これはビールがすすみそうな味。

屋台の看板に「廖家食記」と書いてあるので、
やっぱり公館の有名なお店のFCとかかな?

場所は、師大夜市内、龍泉街、生煎包で有名な許記の何軒か手前。

ちなみに
廖家食記のホームページ

そういえば、このうずまきを見て、これって昔、
「美味しんぼ」に出てきた料理やんな~と思い出した。
(山岡さん栗田さんその他が、吹雪のため山小屋に缶詰めになり、
山小屋にある食材で何かを食べ物を作ろう、となって、
山岡さんが葱餅を作ったという話。)
Posted by Kani
comment:0   trackback:0
[【台北 夜市・小吃】
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。