台湾の雑貨・小吃・スイーツ・旅行・etc
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Kani
 
[スポンサー広告
武・鼎越豊越南麺食館@台北 市政府站
トマト海鮮麺

お店

MRT市政府站周辺といえば、台北101、誠品書店のビルや、意味があるのか?三越がたくさん、など、都会的なイメージが強いのですが、ちょっと違う方向に歩いてみると、ローカルなお店がたくさんある路地がありました。
その路地にすぐそばに2つも店を出している、「鼎越豊越南麺食館」へ行きました。
Hereの別冊グルメ特集号(余談:Here、春に休刊してしまって残念無念。グルメネタは台北ウォーカーより好きだったのに)に掲載されていたお店で、酸辣海鮮河粉の写真がめっちゃ美味しそうだったのです。
が、結局お店に行って頼んだのは、「蟹肉茄汁米粉(カニトマトスープビーフン)」(値段失念・多分100元くらい)。カニのダシとトマトスープのマリアージュは、思いのほか旨く、いつまでもスープをすすり続けていました。ちなみに茶色い固まりは、豚の血の固めたヤツです。これも最初は苦手でしたが半年で当たり前のように食せるようになりましたなぁ。麺は細く柔らかいビーフンなので、スープをよく吸って美味しくいただきました。ボリュームも満点で、これ一杯で大満足です。
麺のほかにも、青パパイヤのサラダなど軽い一品ものも数種あり、複数名で来たとき楽しみたいもの。

お店は小奇麗な食堂風で、女性ひとりのお客さんもよく見かけました。オーダーは、メニュー一覧複写式伝票に自分で記入するスタイル。

・・・あとで、よく見たら、↑のお店は雑誌に載っていたのと違う店だったらしい。
永吉街30巷の通りにはこちら、「武・鼎越豐」と、雑誌に載っていたほうの「鼎越豐」があるらしく、食べ比べをしている台湾ブロガーさんもいる様子。

私が行ったのはここらしい↓
武・鼎越豐越南麵食館
http://tw.lifestyle.yahoo.com/poi/?bizid=N99JYRS38517

雑誌に載ってたのはこの住所
鼎越豐越南麵食館
台北市永吉街30巷148弄5號

板南線市政府站下車 4番出口を出て、忠孝東路を東へ歩き、「永吉街30巷」の表示が見えたら左折。

ぐぐればぐぐるほどに、どれがなんなんやもうサッパリわかりまへん状態になってしもた。
味には大差あるのだろうか。でも結果美味しければよろし。
スポンサーサイト
Posted by Kani
comment:0   trackback:0
[【台北 夜市・小吃】
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。