台湾の雑貨・小吃・スイーツ・旅行・etc
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Kani
 
[スポンサー広告
味精か、それとも、
先般の日記に、この土地の食べもんは化調たっぷりだべ~と書きましたが
ちょっと私自身誤解があったように思います。反省。

台湾人の先生曰く確かに、味精(化学調味料)たくさん使ってる店は多い、
とのことでしたが、同時に、白胡椒の味に慣れてないんじゃないか?と言われました。

こちらで主に使われているのは、白胡椒で、
その味を化学調味料の味と勘違いしていた部分もあるような気がします。

以前、鳥はむ作りに凝っていた頃
鳥の身を煮出したスープに、味付けをするため、
手近にあった賞味期限切れ(笑)の胡椒を使ってみたら、
まるで化学調味料を加えたかのような旨みたっぷり味に仕上がったのです(笑)
それの胡椒が白胡椒だったのでした。
白胡椒って、旨みを引き出す役割もあるんだろうか???
ラーメン屋さんに置いてあるのも白胡椒が多いし。

やっぱり食べるばっかりじゃなくて料理の経験も必要やなぁと、しみじみ思う。

なんかアンチ化調ラーヲタみたいな日記になってますが(笑)


台湾フライ屋台ラヴ!
「塩(鹹)酥雞」と書かれた、
セルフで好みの素材をざるに入れて店員さんに渡して揚げてもらう形式の屋台。
旅行中は試したことがなかったのですが、
ここで初めて食べてみると、めちゃハマリました。
でもカロリーが高そうなので、控えめに控えめに・・・・
といいつつ、セルフ形式で具を選ぶため、いつの間にかいろんな
具材がざるに投入されている。。。

フライ1
お気に入りは鶏じゃなくて、イカゲソだったりします。
あと、お豆腐と、血糕(豚の血と米粉をミックスして蒸し固めたもの。
むちっと固めの大根餅みたいな歯ざわり)。
にんにくと香草も一緒に揚げられており、揚げたてに胡椒などの
秘製スパイスをまぶしかけて渡してくれます。
ビールのつまみにもってこいの旨さ。

フライ ピータン
なんと、ピータンまで揚げてくれます!
でも、ピータンは普通に食べたほうがいいかな(笑)
他にも麺とかポテトやら野菜やら、いろいろあるみたい。
店によっても味付けが違うらしいので、都会(笑)に行ったらいろいろ試したいなぁ。

スポンサーサイト
Posted by Kani
comment:0   trackback:0
[台湾ロングステイ2009冬
comment
comment posting














 

trackback URL
http://tangyuan.blog37.fc2.com/tb.php/24-c1219886
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。